正しいスキンケア 

洗顔革命!泡の出ないクレイ洗顔

正しいスキンケアの第一歩は、泡でクッションを作り肌を傷めない洗顔方法、と言うのが一般的な傾向でしょう。その流れは、下部のクレンジング、W洗顔にまとめました。

 

最新のアンチエイジングでは、クレイの吸着とイオン交換の性質を利用したクレイ洗顔が話題です。

 

洗顔革命!ビーグレンのクレイウオッシュ


天然クレイは汚れやメイクの残り、細菌等を吸着して肌から取り除き、その際イオン交換と言ってクレイがもともと持っている美肌成分を肌に代わりに残してくる性質を持っています。

 

ビーグレンのクレイウオッシュは、この性質を利用して天然クレイの結晶、モンモリロナイトにあらかじめ美肌成分をもたせ、洗顔の際に肌に残してくるのです。

 

クレイウオッシュは泡ができません。初めて使った時は、これで本当に落ちるの?と言う疑問と、何度もすすいでもなんだかヌルヌル感が残って、さっぱりしないんだけど。と誰しもが感じるようです。

 

私もそうでした。でも、化粧水などをつけなくてもつっぱり感は全くなく、肌がしっとりしていたのです。これが天然クレイのすごさなのか!と実感しました。

 

今では他の洗顔剤は考えられません!友人にも何かの折に勧めますが、試してみた人は必ず購入するくらい人気なんですよ。まずはトライアルセットで実感してください!

 

参考までにお伝えします。以下の洗顔方法は、泡洗顔をするときの注意点です。クレイウオッシュの吸着する洗顔とは違いますが参考まで。

クレンジングはメイクの汚れ落とし

クレンジングには、メイクの油分を乳化して落としやすくするため、界面活性剤が配合されています。これが肌に刺激をあたえ、ダメージとなって肌に負担をかけることにもなります。

 

クレンジングの選び方や使い方によっては 肌トラブルのもとにもなりかねません。肌への負担を出来るだけ少なくおさえるように、クレンジングをしましょう。

 

どんなクレンジングが良い?
肌をこすることも刺激となり、肌にダメージを与える原因となります。指や手の刺激が強く肌に伝わらないものを選ぶとよいでしょう。
商品にもよりますが、一般的に刺激の強い順番に並べると

  • 拭き取り
  • オイル
  • リキッド
  • 透明ジェル
  • 乳化ジェル
  • ミルク
  • クリーム

 となります。
また、すすいだ時にさっと洗い流せるものは、界面活性剤が多い場合があります。

w洗顔は必要?

  • メイクをした時は、W洗顔をしましょう。それぞれ落とす汚れの種類が違います、
  • クレンジング6割、洗顔4割でメイクの汚れを落とすくらいでちょうど良いです、クレンジングでメイクの汚れをすべて落とそうとしないようにしましょう。ぬるま湯で素早くすすぎます。
  • まず比較的肌が強い、Tゾーン、次にUゾーンになじませ、目元、口元はやさしくがポイントです。

 

ポイントメイク
マスカラや口紅などはオリーブオイルをコットンに含ませ、クレンジングの前に1分弱載せておくとよいでしょう。

 

洗顔料
洗い流すものなので、肌に良いと歌われている成分はあまり関係ありません。洗いあがりがしっとり、といったものは油分を沢山含んでいることが多く、出来た油膜で洗顔後の美容成分が浸透しにくくなってしまいます。

 

成分にこだわらず、汚れを落とす力が自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。固形石鹸がおすすめです。合成界面活性剤が多量に配合されたものは、肌に必要な皮脂まで落としてしまうので注意が必要です。

 

洗い方
肌をこすらないよう、泡でクッションを作りましょう。ネットを使うと簡単に泡立たせられます。

 

洗う順番は、比較的皮膚の強いTゾーンから。まず顔を濡らし、石鹸を泡立てたらTゾーン、Uゾーン、目元、口元とクレンジングと同じです。

 

ぬるま湯で素早くすすぎ、泡を丁寧に洗い流しましょう。残った水分は柔らかいタオルで押さえるようにそっと吸い取ります。

 

洗い残しがないかもチェック!肌を触ってぬるつきが残っているようなら、そこだけもう一度洗いましょう。汚れた皮脂が残ると、酸化して老化の原因となりかねません。

 

洗顔後、きしきししていませんか。洗いすぎにも注意です。肌に必要な皮脂まで落としてしまうと、乾燥の原因となり肌トラブルを引き起こすこともあります。

ページの先頭へ戻る