シワ シミ たるみ

シワ・たるみ

シワやシミが増えるのは、コラーゲンが加齢による減少に加え、紫外線、タバコの煙といった外的要因で減ってしまうために肌た老化することで起こります。また、急激なダイエットで女性ホルモン(エストロゲン)が減っても、シワが増えます。

 

規則正しい生活、バランスの良い食事も大切です。睡眠不足や無理なダイエットもシワの原因です。

 

シワやたるみのケアには保湿をしたり、一時的に伸ばしたりといった方法では、あまり効果はありません。

 

必要なのは、真皮の中のコラーゲンを再生し、編成を防ぐケアです。コラーゲン配合の化粧品を使っても、真皮のコラーゲンを増やすことはできません。コラーゲンドリンクも胃の中でアミノ酸に分解されますが、肌に使われるとは限りません。

 

ビーグレンの浸透するコスメはコラーゲンの生成を活性化するビタミンCや最新のアンチエイジング成分を肌が必要とする場所にしっかり届ける若返りコスメです。
浸透の実感!今までに体験したことがない効果の早さ。バイオ基礎化粧品b.glen

浸透の実感!今までに体験したことがない効果の早さ。バイオ基礎化粧品b.glen

 

シワ、たるみ防止のマッサージはさけましょう、すでに弾力をなくしているコラーゲンが引っ張られることで切れたり、伸びたりと更にダメージを受けてしまい、よりシワやたるみを深くしてしまうからです。

 

血行促進のためなら、優しく、引っ張らないようにしましょう。

 

では、真皮のコラーゲンはどのようにして増やせばよいのでしょうか。

 

コラーゲンを増やすケア
ビタミンC誘導体配合の化粧水を使う。
レチノールやペプチド、アルジルリン等を配合のクリームを使う。
週に1,2回ピーリングでターンオーバーを促す。
ビタミンC のイオン導入

 

表情筋を鍛える

筋肉も皮膚と同じく、ほとんどがコラーゲンでできています。筋肉は30代後半くらいからたるみ始め、二重あごや口角の下がりにつながります。

 

ただし、表情筋エクササイズはかえってシワを深くしてしまうので、低周波美顔器や口に挟むタイプの器具を使った筋肉トレーニングがおすすめです。

 

3種類のクマ
クマは疲労や睡眠不足で起きると思われがちですが、実際はシワ、たるみと同様、肌の老化が原因の場合が多いです。

 

クマには3種類あり、それぞれ原因が違うので、対処法も違ってきます。どの種類のクマなのか、しっかり見極めてケアをしましょう。

 

青クマ(血液のうっ帯)
目が疲れて血液がよどみ、薄いまぶたの皮膚を通して透けて見えます。冷え性で血行の悪い場合も出来やすいです。

 

ビタミンC,レチノール配合の化粧品でケアしましょう。へ小改善に適度な運動もすると良いでしょう。

 

黒グマ(むくみ・たるみ)
下まぶたが年齢と共にさらにうすくなって、断録がなくなり、目の下の脂肪を支えられなくなって前にせり出し、そこに陰が出来たのが黒っぽく見えるようになります。

 

シミではなく、皮膚のたるみが原因。コラーゲンを増やすケアをしましょう。改善が難しいので、どうしてもきになるなら、美容外科でたるみをとる手術をする選択肢もあります。

 

チャグマ(シミ・くすみ)
目の下の小さなシミが繋がってクマの用に見える。まぶたの角質が薄くなってクマの用に見える。
シミなので、ピーリングが効果的。

シミの予防

気になるシミの多くは紫外線で出来たシミ。ほとんどの場合、美白化粧品では消せません。つまり、シミをつくらない生活をすることが大切なのです。

 

UVケアをしっかりすることでシミの発生を抑えることが出来ます。

 

⇒ 更にUVケアについてもっと詳しく読む

 

ビタミンCを摂るのは、シミ・シワの予防になります。(出来てしまったシミはビタミンCを飲んでもあまり効果は有りません。)

 

ビタミンCには抗酸化作用があり、日焼けなどでできた活性酵素を取り除き、肌を守ってくれます。なので、これを摂ることでシミ・シワが出来にくくなる、ということです。

 

この他にもポリフェノールやカロテノイドなど普段の食事から取れる成分もあります。野菜やお茶で身体の中からシミを作りにくくする、ことが予防につながります。

 

美白化粧品はこれから出来るシミを予防するため、に使います。美容液やクリームで美白成分が肌に浸透させる化粧品を選んで毎日ケアしましょう。「医薬部外品」と表示のあるものを選ぶのもよいと思います。

 

⇒ さらにシミ・美白に効果的な美白化粧品についてもっとくわしく読む

ページの先頭へ戻る