シワ シミ たるみ

肌の悩みトップ3

肌の悩みで多いのが、シミ、シワ、たるみでしょうか。その原因がなにか、を知り、正しい知識を得ることで悩みを解消するエイジングケアが効果を発揮します。

 

シワ
シワは、乾燥が原因ではなく、皮膚のコラーゲンが痛むことでシワができます。コラーゲンは真皮の約70%を占めており、皮膚の中でネットワークをつくり、肌の弾力を保っています。

 

重要なのは真皮のコラーゲンです。これは紫外線で痛んでいき、そのダメージが蓄積されていきます。ダメージの蓄積を押さえるため、UVケアは早ければ早いほど良いのです。

 

また、40代後半になると、作られる量が激変してしまいます。不規則な生活や無理なダイエットでも減少するので20代〜30代でも油断は禁物。

 

UVケアと健康的な生活がアンチエイジングにも効果がある、と言うことです。

  • 一概にシワ、といっても目尻、目元、口元、眉間、と様々。また、シワ、ハリは皮膚の状態の悩みですが、たるみはどちらかというと骨格や表情筋に原因が有ると言えます。
  •  

  • 乾燥がシワの最大の原因ではありません。コラーゲンの変成や減少が大きな原因なのです。保湿で改善されるのは表皮のちりめんじわだけです。
  •  

  • コラーゲンを含む化粧品を使っても、真皮に成分が届かないのであまり意味がありません。
  •  

  • たるみは表情筋の力が弱まって皮膚は脂肪が下がってしまうことから、起こることが多いです。
  •  

  • ただし、これを表情筋エクササイズ、等で筋力をつけようとすると、かえって表情じわを新たに作ってしまうことにもなるので、低周波美顔器や、口に挟むタイプの師範のグッズを使ったり、ペットボトルをくちびるでくわえるトレーニング等がオススメです。

シミ

  • シミにはいくつかの種類があり、それぞれケアの仕方が違います。一番多いのが老人性色素斑は、紫外線が原因で出来るしみですが、進行したものは皮膚の構造が変化してしまっているので、美白化粧品でメラノサイトの働きを抑えても、シミは消えません。
  • 出来てしまってからケアをするのは大変です。一番のポイントは予防なのです。

たるみ

  • たるみやクマの一部も、真皮のコラーゲンが変成・減少して、表皮を支えられなくなって起こります。真皮のコラーゲンを増やし、変成を防ぐことで予防出来ます。

→ さらにシワ、シミ、たるみのケアについてもっと詳しく読む。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る