大人ニキビ

大人ニキビの原因と対処法

大人ニキビは10代のニキビのように余分な皮脂が原因で出来るわけではありません。額などの皮脂の多い部分よりも、あごなど、乾燥剃る部分に多いのです。

 

ホルモンのバランスが乱れたり、免疫力の低下でニキビの原因となるアクネ菌が繁殖するためと考えられています。

 

ストレス、不規則な食生活。睡眠不足、運動不足、生活リズムの乱れなどが原因と考えられています。

 

ビーグレンの浸透するニキビケアで若返り・ビーグレン大人ニキビケア詳細

 

大人ニキビのスキンケア

  • ニキビが出来ると、皮脂や汚れを落とそうと、過剰に洗顔やクレンジングをしがちですが、かえって悪化させることもあります。クリームタイプのクレンジング、固形石鹸で優しく洗顔をしましょう。
  • 洗顔後はビタミンC誘導体配合の化粧水をたっぷりつけ、セラミドやヒアルロン酸配合の美容液で保湿をしっかり。
  • ファンデーションは刺激の少ない、パウダータイプやルースパウダーが良いでしょう。
  • 化粧下地は付けないほうが無難です。
  • 生理前にニキビができやすくなりがちなので、この時期はピーリングをすると良いかもしれません。洗い流せるものを選びましょう。ピーリングは角質を除くケアなので手軽にできます。
 

治療
大人ニキビはホルモンバランスの乱れが原因なので、塗り薬は補助的な役割です。漢方薬も良く使われています。医師に相談して、自分に合った治療を受けることと、生活の乱れやストレスの改善でなおしていきましょう。

 

ニキビ痕
赤みが残る、シミが残るものはピーリングやビタミンC誘導体のケアで薄くすることもできるようですが、陥没が残った場合は、消すことはできません。

 

ニキビ潰し
赤ニキビ状態のものはできませんが、ニキビのできはじめなら上手に潰せば綺麗に治ることもあります。

 

詰で潰すと雑菌がはいるので、清潔な綿棒2本で挟む、コメドプッシャーと言う器具を使って潰すとよいでしょう。

 

毎日同じ時間に就寝し、6時間以上の睡眠をとることでホルモンバランスがよくなり、ニキビも改善された、というケースもあるそうです。

ニキビ治療に使われる薬

にきび治療には、皮膚科で処方される塗り薬、飲み薬、市販の塗り薬、漢方が用いられています。

 

皮膚科で処方される飲み薬
ビタミン剤 主にビタミンB2,B6
皮脂分泌のコントロールなどの働きがありますが、弱めです。効果が現れないのに、いつまでも飲むことはさけましょう。

 

抗生物資
アクネ菌を殺菌するのに、よく処方されますが、長期間飲み続けると、下痢や便秘、めまい、肝機能障害などの副作用がある場合もあるので注意が必要です。

 

ホルモン剤
他の薬が効かない、重症の時に使われることもあります。副作用をおこすこともあるので、慎重にしたいですね。

 

皮膚科で処方される塗り薬
抗生物質を含むもの
飲み薬より、効果が弱いようです。副作用は見られません。クリーム、ジェル、ローションなどがあります。

 

イオウ含有のもの
殺菌、角質溶解作用、皮脂を抑える作用があります。Tゾーンのニキビには良いのですが、口元などの大人ニキビでは肌荒れや乾燥を起こすこともあります。

 

アダパレン
角化を調整します。皮脂のつまりを予防するのですが、刺激が強いです。

 

市販の塗り薬
グリチルリチン酸(抗炎症)、レゾルシン(殺菌)等
刺激が強いので肌の弱い人にはお勧めできません。

 

AHAを含むピーリング剤、化粧品
せっけんや拭きとり化粧水として市販されています、乾燥しやすいので注意しましょう。

 

にきび治療に効果的な漢方

  • 当帰芍薬散  色白で冷え性、むくみやすい体質、生理が遅れやすい人に
  • 加味逍遥散  頭痛、肩こり、便秘、不定愁訴やイライラのある人に
  • 桂枝茯苓丸  のぼせやすい、赤ら顔、生理痛がひどい、生理前のイライラ、肩こりがある人に
  • 荊芥連翹湯  顔全体に皮脂が多く、小さいニキビがたくさんできる、鼻炎の人に
  • 清上防風湯  若い人や男性など脂性肌のニキビ、赤いニキビのできやすい人に
  • 十味敗毒湯  背中やおしりに痛みを伴うニキビのできやすい人に

 

⇒ ニキビのスキンケアについてもっとくわしく読む

 

ページの先頭へ戻る