ターンオーバーの乱れでバリア機能が低下し乾燥肌の原因に

ターンオーバーの乱れもバリア機能が低下し乾燥肌に

バリア機能を修復しようとターンオーバーが早まりどんどん新しい細胞を作り始めるのですが、短期間でたくさん作るので未熟な細胞ばかりが増え、更にバリア機能が低下する、という負のスパイラルに。

 

ターンオーバーの乱れも乾燥肌の原因となります

ターンオーバーは遅くなっても早くなっても乾燥肌の原因となるバリア機能を低下させてしまいますが、勘違いの洗顔でもターンオーバーの乱れが起きるのです。

 

クレイ洗顔で肌を健康にし、表皮細胞を活性化する成分を肌に届けることでターンオーバーの乱れを改善するケアをしてみましょう。

 

ビーグレンのクレイウオッシュで乾燥肌のスキンケア

乾燥肌の悩み、4つのタイプ別のトライアルセット

 

ビーグレンはEGF(表皮細胞増殖因子)という表皮細胞を増殖する作用のある最新のアンチエイジング成分をスキンケア化粧品に配合しています。

 

EGFは皮膚の細胞再生のため、医療現場で幅広く利用されている成分で、日本では化粧品として2005年に認可され、アンチエイジング成分として人気があります。

 

EGFは単に肌につけただけでは表皮細胞に届かない親水性が高い成分なので、表皮細胞まで浸透させる技術が必要です。ビーグレン独自の浸透テクノロジーは肌が必要とする場所までしっかり浸透します。

 

国際特許ビーグレンの浸透テクノロジー

バリア機能が低下した乾燥肌のスキンケアはビーグレン

ターンオーバーの乱れでバリア機能が低下し乾燥肌の原因に関連ページ

肌のバリア機能として重要なセラミドのラメラ構造の働き
肌のバリアは表皮の皮脂、その下の角質層にあるセラミドが作るラメラ構造によって保たれています。わずか0.02mmの表皮に肌の70%もの水分を保持して潤いを保っています。
乾燥肌のスキンケアはクレイ洗顔から
乾燥肌には肌のバリア機能の回復、ターンオーバーの乱れを修復するスキンケアをするとよいでしょう。まずはクレイ洗顔で健康な肌に整え、浸透するコスメで潤いのある肌に若返り!
私の乾燥対策:保湿ケア豆知識
乾燥対策の保湿ケア、と言うと顔のケアに重点が行きがちで、カサカサ、肌荒れが気になる手にはハンドクリーム、ボディには、ボディ用のミルクやクリーム等でお手入れをしていると思います。以前は私もそうでした。でも、今はビーグレンの10−YBローションだけで潤っています。

ページの先頭へ戻る