乾燥肌のスキンケアはクレイ洗顔から

乾燥肌にはまずクレイウオッシュで健康な肌を作りましょう!

最前線で肌を守る皮脂の分泌を適切な量に整え、肌に必要な栄養をしっかり届けてバリア機能を保持し、ターンオーバーも正常に働くようにすることで乾燥肌のトラブルを減らしていきましょう。

 

ビーグレンの浸透するサイエンスコスメは乾燥肌にお悩みの貴女の肌に潤いと笑顔をもたらしてくれると思います。

トライアルセットで浸透と潤いを確かめる

クレイウオッシュ:潤いのある健康な肌へ

乾燥肌に優しそうな泡洗顔ですが、どんなにきめ細かな泡でも毛穴の奥に入り込んだ汚れを落とすことは難しいのです。

泡洗顔は本当に肌にやさしい?

 

更に洗いすぎて肌のバリアとなっている必要な皮脂まで落としてしまっているかもしれません。

 

皮脂膜は肌のPHを弱酸性に保って常在菌のバランスを保つ働きをしています。有害な菌がつきにくくしているのですが、この働きも低下させてしまいます。

 

クレイ洗顔は吸着トイオン交換の働きで有害な菌や毛穴の奥の汚れもしっかり、優しく取り除いてくれます。

クレイのイオン交換と吸着の性質を詳しく読む。⇒

 

クレイを使っていても、泡で落とす洗顔料もあります。化粧品は全成分表示なのでクレイの配合量が10%でも、0.0001%でも、どちらも「クレイ洗顔料」となります。

 

クレイの配合量にも注意して洗顔剤を選びたいところですが、量は表示されていません。一つの目安としては、順番。「水、クレイ…」とあるものは主成分がクレイであるということです。(もちろん、水が一番多いです。)

 

もう一つの目安は、実際に使ってみること。クレイの吸着洗顔の特徴は、洗った後の「すっきり感」がなく、ヌルつきを感じることもあるということです。

 

もちろん、汚れは毛穴の中までしっかりおとしています。保湿因子が肌に残るのでしっとり感があるのです。

 

ビーグレンのクレイウオッシュは天然クレイモンモリロナイトを使用しています。

 

モンモリロナイトには

  • マイナスイオンを発生し、フリーラジカルを制御して肌の自然治癒力を高める。
  • 水を吸着すると膨張して、保水性が高く、肌に潤いを与える
  • ごく薄い皮膜で肌をおおい、水分の蒸発を抑えて肌バリアを守る
  • 遠赤外線を発し、血行を良くし、分泌機能を促進する

という特長もあります。

 

ビーグレンのクレイウオッシュで乾燥肌のスキンケア

乾燥肌の悩み、4つのタイプ別のトライアルセット

乾燥肌のスキンケアはクレイ洗顔から関連ページ

ターンオーバーの乱れでバリア機能が低下し乾燥肌に
肌はターンオーバーという生まれ変わりのサイクルを持っています。20歳代では約28日で新しい肌と入れ替わりますが、加齢とともにだんだん遅くなり古い細胞が肌にたまって角質層が厚く、ゴワゴワ、カサカサして荒れてきます。
肌のバリア機能として重要なセラミドのラメラ構造の働き
肌のバリアは表皮の皮脂、その下の角質層にあるセラミドが作るラメラ構造によって保たれています。わずか0.02mmの表皮に肌の70%もの水分を保持して潤いを保っています。
私の乾燥対策:保湿ケア豆知識
乾燥対策の保湿ケア、と言うと顔のケアに重点が行きがちで、カサカサ、肌荒れが気になる手にはハンドクリーム、ボディには、ボディ用のミルクやクリーム等でお手入れをしていると思います。以前は私もそうでした。でも、今はビーグレンの10−YBローションだけで潤っています。

ページの先頭へ戻る