髪 アンチエイジング

美しい髪は健康な生活と栄養、そして頭皮ケア。

薄毛、抜け毛、M字はげ、年齢にかかわらず、髪の悩みは多いようですね。これらは見た目年齢にも直結する悩み、でもあります。
髪の毛のハリやコシ、ツヤも加齢とともに段々なくなってきたり、白髪が目立ってきたり、といいう悩みも。

 

特に頭頂部の髪のボリュームは、あるとないとでは10歳は違って見えると言っても言い過ぎではないと思います。

 

髪のケアは頭皮を清潔に保ち、毛根を元気にすることが大切。食物や日常生活の乱れも髪にダメージを与えるので気をつけましょう。

 

薄毛、抜け毛の改善に育毛剤や養毛剤を使うことも良いでしょう。

 

抜け毛・薄毛の知られざる原因

  • 抜け毛や薄毛はの原因は、食生活の乱れ、ストレスなど色々と考えられますが、実は運動不足も間接的な原因であることはあまり知られていません。
  • 運動不足で血行不良になり、栄養分の伝達がスムーズにいかなくなるために、栄養が全身に行きわたらなくなってしまうのです。
  • 運動することで、全身の筋肉が伸縮し、血行が促進されます。栄養と酸素が十分に供給されて新陳代謝が活発になり、各細胞が常に新しいものに生まれ変わることができるのです。
  • その結果、髪を作る作用も活発になります。

⇒ さらに抜け毛、薄毛と運動についてもっとくわしく読む

 

正しい洗髪
洗髪方法の前に、入浴時の洗う順番についても確認しておきましょう。意外と無関心なのですが、実はアンチエイジングには大きな差が出る順番なんです。

クレイウオッシュ


髪の毛⇒身体⇒顏 の順に洗いましょう。顔は絶対最後!先に洗顔をしてしまうと折角キレイにした肌に頭皮の汚れやシャンプーがかかることになってしまいます。

 

ビーグレンのクレイウオッシュで洗顔していれば、美肌成分も肌から減ってしまいかねません。肌の汚れと引き換えに美肌成分を届け洗顔後の肌の潤いを保っているので、もったいないですよね。

 

○得情報!クレイウオッシュで週1程度、頭皮を洗うとよいそうです。頭皮の健康が髪を若々しく保つ秘密♪
 ビーグレンのスキンケアコンサルタントさんに教えていただきました。
 毛穴に詰まった皮脂やヘアケア剤を取り除き、トリートメントの栄養を髪が吸収しやすくなるそうですよ。

  • 頭皮ケアの基本は洗髪
  • 過度の洗髪はストレスになりかねないので注意しましょう。
  • また、シャンプー成分が残る確立も多くなります。
  • まず、何もつけずに十分洗う。(これでほとんどの汚れは落ちます)

    やじるし赤  シャンプーを適量手のひらに取り、あわ立ててから髪に
    やじるし赤  指の腹で優しく、十分にマッサージするように洗髪
    やじるし赤  すすぎを念入りに
    やじるし赤  リンス・トリートメントをつけてマッサージ
    やじるし赤  ここでもすすぎを十分に。

⇒ さらに正しい洗髪についてもっとくわしく読む

シャンプーが命!

リンスやトリートメントを重視しがちですが、しっかり選んで欲しいのはシャンプーなんです。あなたの髪にあった良質のシャンプーを使っていれば、極端な話、ドラッグストアで普通に売られているリンスでも十分。勿論セットでの使用なら、より効果は見込めるとは思いますが。

 

最近はノンシリコンのシャンプーが出てきましたね。髪本来の修復能力をたかめ、なめらかでツヤのある髪にという事のようですが、良質のシリコンが入ったシャンプー(当然高いです)なら問題はありません。

 

手頃な価格のシャンプーには界面活性剤が使用され、洗浄力が強いので髪やじ地肌に強い刺激があり、シリコンが大量に入っていますので、あまりお勧めできません。

 

シャンプーの表示にもちょっと目を配ってみて下さい。アミノ酸系(ココイルグルタミン酸)やp¥ベタイン系(コカミドプロビルベタイン)などの成分は非常に優しいものです。

 

逆にラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸等の成分は非常に刺激が強いです。

 

シャンプーを選ぶポイント
「アミノ酸系」(アミノ酸配合、は違います)、「指定成分を含みません」と書いてあるものがおすすめです。

 

 

AGAと遺伝、白髪

AGAとは男性型脱毛症のことです。進行性の疾患なので、放っておくとどんどん抜けてしまうかもしれません。遺伝する、と考えられていますが、どの遺伝子が関係するのかは解っていません。

 

最近母方から、関係が深いと考えられている遺伝子が受け継ぐとわかってきたそうです。

 

頭皮ケアをきちんとして、専門医の治療を受けることで進行を遅らせたり、改善出来たりすることもあるそうです。悩んでいたら、思い切って専門医の診断を受けましょう。

 

進行してしまったら、かつらの利用も一つの方法です。かつら、といっても技術の進歩には目を見はあるものがり、費用はそれなりにかかりますが、人生が変わるくらいの効果があるかもしれません。

 

白髪もおしゃれに
白髪
加齢による白髪は、白髪染めをするか、白髪をアクセントにする、など捉え方はそれぞれでしょう。白髪部分がメッシュがかかったようなおしゃれな色に染まる人もいます。

 

白髪染めで一番の悩みは髪が痛む、ということらしいです。なので、トリートメント効果をうたう白髪染がいろいろ発売されています。

 

それぞれ特徴があり、髪質などによって使用感や効果が違うので、実際に試して使ってみる事で、自分に合ったものを見つけましょう。

 

若白髪
遺伝、精神的なストレス、無理なダイエットなどによる栄養素不足が主な原因です。

 

規則正しい生活、バランス良く栄養を取る、貧血を完全する、悩みやストレスの解消に務める事が大切です。

 

頭皮マッサージで毛根の血流を改善する等も良いでしょう。

ページの先頭へ戻る